読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イコプさんの日常

日々これ平和主義。

ドラゴンクエストライブスペクタクルツアーに行ってきた

f:id:ikopu:20160814223618j:plain

(注意)ショー中身のネタバレは無し!ですが、グッズのこととか内容に触れない程度の感想があります!




みなさん、「ドラクエ」は好きですか?

よもや「えっドラクエってなに?」という方は昨今めずらしいかと思いますが、そうです、あの国民的ゲームの一つ、ドラゴンクエストですね。

私たち夫婦は二人とも、子供の頃からゲーム好きで、もちろんドラクエもガンガン遊んできました。むしろドラクエとともに成長してきたといっても過言ではありません。最新作のドラゴンクエスト10は何と3000時間というプレイ時間であり、将来自伝を書くことになったらドラクエに2、3章は割かないと成り立たない、そのくらいどっぷりしたドラクエプレイヤーなのです。

そんな我々に、半年くらい前にとあるニュースが舞い込んできました。

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「なんかドラクエのショーをやるらしいよ」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「行く」

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「返事が早い」

ライブスペクタクルツアーとは?

〈公式サイト〉ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー

公式サイトによると、ドラゴンクエスト生誕30周年を記念した、大型ライブスペクタクルショーとのことでした。

f:id:ikopu:20160814230204j:plain

ショーと言われるものをほとんど見に行ったことがない私としては、「ライブスペクタクルショー」と言われても「らいぶすぺくたくるしょー?」と白目で繰り返すしかないくらい想像がつかない世界だったのですが、ドラクエ30周年を記念したイベントともなればとにかくすごいことは間違いありません。即S席を買いました。

8月13日 名古屋公演

さて、そしていよいよ当日。 f:id:ikopu:20160814230144j:plain

ツアーは全国5カ所で予定されていました。私たちは、地元名古屋公演に向かいます。 ドラクエファンである母親も誘っていたので、3人名古屋に集合しました。

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「はるばるやってきましたね」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「まあ家から歩いて10分だけどね」

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「こういうとき都会在住でよかったと思うよね。早く行ってグッズとか見たいから急ぎましょう」

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「楽しみだね」

会場に着きました。

会場はガイシホールという場所です。

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「うおーすごい混んでる!まだ開場1時間前なのに!」

f:id:ikopu:20160814230918j:plain

f:id:ikopu:20160814231107j:plain

大分余裕もって、早く着いたつもりでしたが、しかしすごい人がすでにいろいろなところで行列を作っていました。

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「あれ、買えるかな・・・」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「これは並ばないといけなそうだね」

実は我々はこの物販にあたり、すでに手にいれるべきアイテムを定めていました。

このグッズは、通販でも入手可能なものが多いようなのですが、ここでしか買えないレアアイテムがある、との情報を入手していたのです。

それがこちら!

f:id:ikopu:20160814232718p:plain

スライムタワーかき氷カップ。

かき氷は確かに通販には不向きというアレですので、会場でしか手に入らないのは納得でして、つまりツアー現地に赴いた者のみが手にいれることができるという生粋のレアアイテム!

かき氷が2000円、という普通で考えれば信じられない値段でして、祭りとかで走ってきた少女が「おっちゃん!おっちゃん!かき氷ちょうだい!」「あいよ!2000円」「えっ」「2000円」と言われたら、少女は右手の500円玉をきつく握りしめてうつむき、ポツリ、ポツリと涙が地面に落ちる、そして後ろからきたブルジョワな感じのお姉さんとかに「何この子、買わないなら早くどきなさいよ」とか言われて・・そ、そんな悲劇が許されるのか!!と憤慨せざるをえない、そんな値段設定なわけですが、スライムタワーの入れ物がすごく可愛いので2000円でも素直に「欲しい」とそんな魅惑のアイテムです

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「この絶望的な暑さのなか食べるスライムのかき氷は筆舌に尽くしがたい美味さだと思います」

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「楽しみだね。あっ!あったよ、スライムのかき氷屋さん」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「わーい、あっ!

f:id:ikopu:20160814234029j:plain

f:id:ikopu:20160814234338j:plain

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「おわ・・・った・・・」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「(言葉にならない)」

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「残念だったねえ・・・あの入れ物、可愛かったのにね」

さすがの魅惑のレアアイテム、開演1時間前からの売れ切れでした。

力尽き倒れそうになる足を引きずりながら、開場までの時間を冷房の利いたところで休むことにしました。

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「ふう、ここなら涼しい。開場までここで待ちましょう」

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「お母さんちょっとグッズ見てくるよ」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「えっ暑いですよ大丈夫ですか?」

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「大丈夫大丈夫ー♩ここで待っててね」

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「母は強し」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「お母さん何を見てくるのかな」

(しばらくして)

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「ふうふう買ってきたよ」

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「おおーこ、これはー!」

f:id:ikopu:20160814235014j:plain

f:id:ikopu:20160814223938j:plainf:id:ikopu:20160814223945j:plain「ステテコパンツ型のハンドタオルやー!」

ということで、猛暑炎天下の中、家族3人ステテコパンツで汗をふきふき開場を待ちました。

ショーの始まり

さて、これ以降は中身になりますので、まだ見ていない方のためのネタバレ無しのアンニュイな感じになりますが。

開場の中は、開演の前からとにかくドラクエの世界でした。かかっている音楽とかドラクエファンならいきなりグっとくるような。

幸いにも席がすごい前のほうだったので、開演前からテンションマックスでした。

開演前から、少し前説?みたいな感じで一部のキャストの方が出てきて、いろいろ説明をしてくれました。これも面白かったので、行かれる予定の方は開演よりちょっと前に席にいた方が得だと思います!

そして。

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「いよいよ始まるよ」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「すごいワクワクするよ!!」

ショーが始まりました。

冒頭から、鳥肌。

正直、泣きそうになりました。

ドラクエを知らない人でも楽しめる、という感想をよく見ますが、知ってる人だったら10倍楽しめると思います!

ドラクエを好きな人が、ドラクエを好きな人のために作ったショー。

そんな感じでした。

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「うおおー!勇者だー!」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「アリーナだー!」

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「アリーナ再現度すごい!!もうなんかヤンガスもかっこいい!」

キャストの方の役に込めたアレもすごくて、本当ドラクエでプレイしていたキャラクターたちが実物として出てきてくれた感じの感動でした。ちょっとキャストの方を紹介すると、

勇者役の松浦司さん。

ドラクエの勇者はつまり自分自身なのであって、それを演じるということはとても難しいような気もするのですが、まさにこの松浦さん「ドラクエ3の勇者」にガチっとはまっていて、すごく勇者でした。

そしてアリーナ役の中川翔子さん。なんとなく、ゲーム好きのアイドルの方、というイメージで見てたのですが、ものすごかったです。このショー全てが本当すごい良かったんですけど、その中でこの方があってこのショーの良さが何倍にもなってるような、そんな存在感でした。この方がアリーナをやってくれてよかった・・・そんな謎の感動がありました。

フィナーレへ

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「楽しいねえすごいねえ」

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「おかんも満足そうだ!よかった」

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「来てよかったねえ」

ショーというものを見ること自体ほとんどなかった私なので、他と比べることはできませんが、間違いなく「ドラクエ」を表現しているショーでした。

音楽とか、映像とか、パフォーマンス、どれもすごかったし、何よりどれもドラクエでした。

当日券も用意されているし、まだ大阪と横浜の公演が手に入るようです。

ドラクエを知らない人でも楽しめると思いますけど、私としてはドラクエを知っている人で迷っている方がいるなら

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「絶対行くべき」

です!

次の日

チュンチュン

f:id:ikopu:20160815001623j:plain「さて早起きしましたね」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「行きましょうか」

休みの日ながら、早朝6時半に目覚めし我々。

いそいそと準備をして、向かいます。

昨日ショーをみたばかりの、ガイシホールへと。

f:id:ikopu:20160815001731j:plain

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「・・・」

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「・・・」




f:id:ikopu:20160815001842j:plain

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「イエス!」

f:id:ikopu:20160815001623j:plain「さあ実家に向かうぞ」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「行こう!」










f:id:ikopu:20160815001921j:plain

ドラクエ愛がなせる根性でした。

78枚全部使ってタロット占いしてみる

f:id:ikopu:20160808002208j:plain

こんばんは、イコプです。

突然ですが皆さん、占いって信じますか?

私は超現実主義者なので占いなどという非科学的なものは全然信じていませんが、それはともかくちょっとだけタロット占いができます。

えっ何を言ってるの?と思われるかもしれませんが、信じることと好きなことは別ものなのです。
「イコプさんの占いのおかげで結婚できました!」と言われたこともありまして、そんなときは「えっ?まじで?嘘でしょ?」占い信じない系のカリスマ占い師、それが私なのです。

タロット占いって?

ここで「タロット占い」がどういうものか知らないという方も多いと思いますので、簡単にご説明しましょう。

f:id:ikopu:20160808003451j:plain

[タロットカード]

タロット占いは、全部で78枚のタロットカードを使います。よくシャッフルしたカードを、スプレッドと呼ばれる指定の配置に並べて、その配置に照らし合わせてカードの意味を読み取るのです。

f:id:ikopu:20160808003944p:plain

例えば、3枚を横に並べて、過去、現在、未来と読んだり、たくさんカードを使う場合は、10枚のカードを並べて、詳しく現状を読み取るやり方などがあります。

有名なのはケルト十字法というスプレッドですね。 f:id:ikopu:20160808004423j:plain

1枚目: 現状。

2枚目: 障害。

3枚目: 意識している事柄。

4枚目: 見えていない物。

5枚目: 過去。

6枚目: 未来。

7枚目: 相談者の立場。

8枚目: 周囲の目。

9枚目: 変化。

10枚目: 最終結果。

このように、それぞれのカードがそれぞれの意味を持つのです。10枚も使ってこれだけ丁寧に占うと、過去から未来、周囲をとりまく環境から最終結果まで、多くのことを占うことができるのです。すごいですね。

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「・・・・」

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「でも」

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「78枚のうちたったの10枚」

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「それで満足していいのか?」

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「いつだって、それで十分、それが限界と自分で線を引いてきた。でも、本当は、もっとやれるんじゃないか?」

f:id:ikopu:20160808003451j:plain


f:id:ikopu:20160618184233j:plain「・・・・」




f:id:ikopu:20160808003451j:plain


f:id:ikopu:20160618184233j:plain「全部使ってみよう」

78枚全部使って占う

さて、ということで3枚とか10枚とかでだいたいわかっちゃう占いならここはもう78枚全部使えばそれはもうものすごい占いになるに決まってますので、全部使って占ってみることにしました

しかし78枚使ったスプレッドなんてあるわけありません。でも大丈夫!イコプさんはどうでもいいことに本気を出せるタイプのアレですので作りました。イコプオリジナルスプレッド!題して「ニーベルングの指環」






f:id:ikopu:20160808011548j:plain

[ニーベルングの指環]




幾何学的な文様の中に不思議と浮かび上がる不均等性。それはラグナロスが与えし世界の終末を彷彿させます。右部に配置された十字は十字架でもあり、しかしヨルムンガンドの戦いを象徴する剣でもあるのです。再生と終末、それを同時に行現したこのスプレッドは、78枚全てを用いてようやく具現される広大な占世界を表しているのです。

さて、それぞれの番号の意味はこちら。

1. 質問者との関わり 2. 出会い 3. 思い出 4. 自分自身が抱えている問題 5. 質問者の表面上の願望 6. 質問者の隠された願望 7. 身の回りで起こっていること 8. 抱えた悩み 9. なぜ今その問題が起こっているのか 10. 障害 11. 解決の手助けになること 12. 自ら克服すべきこと 13. 偶然のチャンスになること 14. キーワード 15. 現在起こりつつあること 16. 起こりそうにないこと 17. 表に出ていない背景 18. 周囲の人の気持ち 19. 離れた人の気持ち 20. 社会的な背景 21. 無意識にあるもの 22. 遠い過去からの因縁 23. 問題の根底にあるもの 24. 過去に起こったこと 25. その時の状況 26. 問題を引き起こした発端 27. いまのままで進んだときにどうなるか 28. 行動すべきこと 29. 心にとめるべきこと 30. 何が起こりそうか 31. 何が待っているか 32. ヒントとなること 33. 自分自身の立場 34. なぜその立場におかれているか 35. 周りの人から受けた影響 36. 協力してくれる人はいるか 37. あなたに抵抗する人はいるか 38. 周りの人が思うあなたへの印象 39. あなたが持つ可能性 40. 今後持つであろう気持ち 41. あなたに起こる変化 42. 変化に伴う不安 43. 金銭に伴うこと 44. 職場への影響 45. 家族への影響 46. 健康への影響 47. 友人関係への影響 48. 理想的な姿 49. 必要な知識 50. 不十分な知識 51. 課せられる義務 52. 宗教的要素 53. してはいけないこと 54. ターニングポイント 55. 天候 56. 課題となること 57. 鍵となる場所 58. 鍵となる動物 59. 鍵となる液体 60. 音に関すること 61. 匂いに関すること 62. 空 63. 秘められた可能性 64. 裏で起こっていること 65. 騙されやすいこと 66. 忘れるべきこと 67. 痛みを伴うこと 68. 快楽を伴うこと 69. 最終結果 70. 失うもの 71. 得るもの 72. 傷つくもの 73. 癒されるもの 74. 最後の時 75. 転生の時 76. 幸福について 77. 死について 78. あなた自身

何せ78枚もありますからね、もう途中でどっかから100の質問みたいのをパクってこればいいんじゃないかとかそういう邪な思いにとらわれかけましたが、強い心で自ら作りました。若干引かれるかもしれませんが、ここまで2時間かかりました。

それではこの大占術を使って、何か占っていきましょう。何を占おうかな。特に悩みとかないからな。明日の昼ごはん何にするかでいいか。

ニーベルングの指環で占う

ではさっそく占います。

f:id:ikopu:20160808011223j:plain

なんとなく机の上ではスペースが足りない予感がビシビシしたので、ベッドの上に並べていきます。このニーベルングの指環は非常に複雑な配置のスプレッドになりますので、このようにパソコンなどを見ながら丁寧に配置していきましょう。

f:id:ikopu:20160808011425j:plain

途中何度も「あれ?ここが何個?順番どうなってるの?わけわからんもう寝たい」と心折れそうになりましたが、最高の占いをするという強い思いでなんとか配置を続けました。

f:id:ikopu:20160808011737j:plain

そしてやり遂げました!78枚を配置!圧巻のスプレッドです!これは「タロット占いしましょう」「えー楽しみー」とかそういう時に占い師が突然この配置を始めたら、占われる人も「とんでもない占いが始まってしまった」怯え足をすくませるにちがいない、そんな得も言われぬ迫力があります。

では、これをめくって表にしていきます。

f:id:ikopu:20160808012114j:plain

めくるだけで大分面倒くさくて、これ最初から表で置けばよかったのではとかそういう邪な思いが頭をよぎりましたが頑張りました。

では、世紀の大占術、始めましょう。

明日の昼ごはんどうするか

一枚一枚カードと意味をやっていたらキリがありませんので、結果だけ書いていきます。これが終わったとき、「明日の昼ごはん」に関して奇跡ともいうべき神からの啓示が導かれているに違いありません。いきます。

1. 質問者との関わり 

「特に普通」まあそうだよね。わかる。

2. 出会い

「魅力的」明日の昼ごはんとの出会いはかなり魅力があるよう。楽しみなってきましたよ。

3. 思い出

「ひどく傷つけられた」そういえばカレーライスが昔食べられなかった頃に学校の先生に無理やり食べさせられて泣きそうになったことがある。このことか。

4. 自分自身が抱えている問題

「欠落感」昼ごはん抜くことが多いからたしかに欠落が問題だよね。毎日きちんと食べないとね。

5. 質問者の表面上の願望

「困難、ライバル、葛藤」昼ごはんに困難を望む男。えっどういうことだ・・・?よくわからなくなってきたぞ。

6. 質問者の隠された願望

「決断力のなさ」つまり昼ごはんを決める強さが欲しい、ということかな。

7. 身の回りで起こっていること

「粘り強くやりとげる」確かに今何時間もかけて明日の昼ごはんを占っているのでこれはその通りだね。

8. 抱えた悩み

「大きな変動」つまり、変動が無いことを悩んでいるよう。いつもラーメンとかだから、そろそろ違うものを食べたいという気持ちの表れか。そろそろ具体的な昼ごはんのメニューにつなげていきたい。

9. なぜ今その問題が起こっているのか

「誘惑に勝つ、浪費しない」高いものを食べようとしないってことかな?

10. 障害

「依存心」昼ごはんに依存しているってことかな?でも食べないことも多いからな?なんだどういうことだ?

11. 解決の手助けになること

「強い意志で成し遂げる」 昼ごはんを決めるにあたって大切なのは強い意志がヒントになるようだね。

12. 自ら克服すべきこと

「浪費、わがまま」さっき浪費しないっていったのに!解釈がむずかしくなってきた。疲れてきた。

13. 偶然のチャンスになること

「状況の変化」昼飯を食べるにあたって偶然状況が変化することがチャンスになる・・・ええっと・・・



f:id:ikopu:20160618184233j:plain「なんかよくわからなくなってきた。・・・これで13枚」



f:id:ikopu:20160618184233j:plain「もう午前2時」



f:id:ikopu:20160618184233j:plain「・・・あと65枚」



f:id:ikopu:20160808014510j:plain



f:id:ikopu:20160618184233j:plain「あ・・嗚呼・・・あああーーーー!

f:id:ikopu:20160808014933j:plain ズバババババーッ!!

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「おあああああああああああ」

f:id:ikopu:20160808015456j:plain 「はい!!」




f:id:ikopu:20160808015515j:plain 「よし!!!」





f:id:ikopu:20160618184233j:plain「明日は親子丼にしよう!!!

イコプさんのすごい普通な日常 近所の祭りに行ったりした

f:id:ikopu:20160730234844j:plain

どうもこんにちはイコプです。

ハワイブログをずっと書いてきましたが、ようやっと完結しましたので、平常運転に戻ります。

ただこのブログの8割くらいの記事がハワイの記事になっている現状なので、平常運転って何だっけという感じなのですが。何となく書きます。

ポケモンGO始めました

巷で社会現象になっているポケモンGO。

しかし私はそこまでポケモンが好きというわけではないので、配信前はそれほどやる気はありませんでした。

ツイッターでも、このように「それほどノリ気ではないイコプ氏」をアピールして、すこし反社会的な雰囲気を醸し出していましたが、「まあせっかく流行だしな・・・」とダウンロードしてみました。

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「ふむふむ近くにポケモンがいると地図に表示されるってわけね・・・あっ出た!ポッポでた!うおおおポッポでた!」

(1時間後)

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「ポケモンマスターになるしかない」

ラッキーなことに家から3つのスポットにつながることが判明し、しかも近所の人に超課金王みたいな人がいるのか、常に課金モードになっているスポットがあるので、家にいながらポケモンがガンガン捕まるのです。

f:id:ikopu:20160730235837j:plain (ベッドの上で寝ながらポケモンを捕まえる様子)

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「こいつは面白い、しかし同じようなポケモンばかりになってきたな。やはりここは場所を変えないといけないのか」

f:id:ikopu:20160618184224j:plain「ガサゴソふう、じゃあお出かけ行ってきまーす」

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「おっ。出かける?しょうがない、見送りに行くよ、駅まで」

f:id:ikopu:20160618184224j:plain「えっ駅まで?」

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「この不安定な社会、どんな危険が待っているかわからないからねお供します」

テクテクテクテク

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「ぎゃー!フシギダネが出たぞ!まった!そっちの道から行こうスポットがある」

f:id:ikopu:20160618184224j:plain「・・・」

ということで盛り上がってます。

都会はあまり好きじゃないのですけど、都会に住んでてよかったなーと珍しく思いました。

ちなみに職場(田舎)で昼休みに喜び勇んでポケモン集めようとしたら

f:id:ikopu:20160731001556j:plain

こんなだったので早く家に帰りたいなあと思いました。

AMAZONで野菜を買った。

Amazonギフト券が余っていたので、たまには変わったものを買ってみよう、でも無駄なものを買ってはいけないわ、という悪魔と天使が喧々囂々した結果、野菜を買うことにました。

こちらの商品。

ネットで野菜を買うなんて、鮮度とかどうなってるの大丈夫なの、と思われがちですが、というか私も初めての試みなので鮮度とかどうなってるの大丈夫なのと思いながらクリックしたわけですが。

f:id:ikopu:20160731001808j:plain

3日くらいで、ぎっしりピカピカの野菜が届きました。

クール便で届くので、受け取りだけ時間を合わせるのがちょっと大変でしたが、その分しっかり冷やされてくるので暑い夏も安心!

きゅうりしかまだ食べてないんですけど、きゅうりは少なくともシャキシャキで超美味でした。見たことない珍しい野菜が入ってくることもあるそうで、たまにはこういうのも面白いかもしれません。

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「ただこれ二人暮らしで使いきれるかな」

f:id:ikopu:20160618184224j:plain「ちゃんと食べきろうね?」

しばらくはベジタリアンが泣いて謝るくらいの勢いで野菜生活です。

地ビールもらった

f:id:ikopu:20160731003602j:plain

おかんとおとんが「地ビールを授けよう」と突然くれました、各種地方のビール。

とりあえず右から二番目の、「水曜日のネコ」というビールを飲んでみたんですけど、すごいフルーツみたいな味がするビールで美味でした。

市販のビールにはない強烈な個性がこういう地ビールのいいところですよね。

おかんおとん、ありがとう!

ただ一番右の「インドの青鬼」っていうビールだけなんか他と一線を画すような妙なオーラ出てるように見えるけど大丈夫かな。

ぞうすい食べた

f:id:ikopu:20160731004057j:plain

すごい普通な日常ってタイトルと言えどもいよいよ普通すぎないかっていうアレになってきましたけど、でも躊躇を置き去りにする男イコプ書いていきます。

鍋を作って最後の締めでぞうすい作ったんですけど、こいつが美味い!

ぞうすいって本当ふしぎな美味さがありますよね。

なんでこんなに美味いんだろうって、ぞうすいはやっぱダシが違うんですよね。

普通他の料理って、ダシに使う食材はメインの食材とは違うじゃないですか。

鰹節とか、豚骨とか、とにかくダシを出す食材っていうのは食材の中の名脇役なんですよ。

しかしぞうすいは違う。

ダシになる食材はしゃぶしゃぶ用豚肉だったり、新鮮なキノコだったり、シャキシャキの野菜だったりするわけです。

つまり鍋のメインの食材を脇役としてダシにした料理、それがぞうすいなんですよ。

これはつまり例えばB'zの稲葉さんとか椎名林檎さんとかをコーラスに配置してしまうような超贅沢、野球で言えば筒香と山田を代打要員に取っておくような超配置なわけです。

そんな贅沢を極めた奇跡の料理ぞうすいがまずいわけありませんよね!!!!よっしゃー!

ぞうすい!ばんざーい!!!!!!

近所の祭りに行った

f:id:ikopu:20160731004854j:plain

地元の普段ではもう超絶寂れた商店街があるんですけど、1年に1度のこの祭りのときだけは人がいっぱい集まります。

行ってみました。

風情がありました。

すごく狭い道に、ぎゅうぎゅうに人がいるんですけど、クレープとか、からあげとか、お好み焼きとか、屋台がわーわーならんでいて、金魚すくいをしてる少年とか、りんご飴を大事に抱えている少女とか、阿波踊りを踊るおじいさんとか、手作り感が溢れた竹細工とか、少し古いアニメのお面とか。

日本の祭りでした。

私が子供の頃から、変わらないし、今後も変わらないでいてほしい祭りでした。

楽しかったです。

よっしゃーそれいけハワイ旅行 その10 それいけ日本

f:id:ikopu:20160727114302j:plain

これまでのあらすじ

f:id:ikopu:20160618184224j:plain「アロハ〜」

帰国日

夜が明けきらない、薄灯りの中。

お土産の分、来た時よりも体積が増えた荷物をどうにかしまい込み、部屋を片付ける。

旅が終わってしまう空虚感と、充実した一週間だったという充足感を同時に味わいながら、ホテルを出ました。

ハワイ島→オアフ島→日本へ。

さすがに疲れていたのか、この帰国日の写真が全然ありません。

ミイホンさんに「帰る日って何があったっけ?」と尋ねると、

f:id:ikopu:20160618184224j:plain「私あの日の記憶が全然ない・・・」

とお疲れだった様子。

唯一覚えていることは、空港で飛行機を待っているときに、スパムむすびを食べていたら、鳥が寄ってきたので、

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「おっ鳥だ。米を一粒授けよう」

f:id:ikopu:20160727120153j:plain「ピーピーピーピーピー!」

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「ずおおお何十匹も集まってきたー!ずおおおちょっと怖い!」

という迷惑な感じの鳥使いになったというアレくらいです。ハワイの鳥とてもハングリー。

そして、いよいよホノルル→中部国際空港への飛行機に乗り込み、安眠。

長かった旅が終わりを迎えようとしております。

f:id:ikopu:20160727120347j:plain

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「あっ日本だ!日本の大地が見えるよ!」

f:id:ikopu:20160618184224j:plain「帰ってきてしまったねえ!」

日本の地

日本に帰ると、両親がお迎えに来てくれていました。

f:id:ikopu:20160727120744j:plain

四人で空港のレストランで夕食。

久しぶりの和食、私は牛丼を食べました。

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「もぐもぐめちゃくちゃうまい。ハワイのご飯もうまかったけど、やっぱり日本のご飯が一番うまいわ」

f:id:ikopu:20160618184224j:plain「海鮮丼も美味しいよ」

f:id:ikopu:20160727121204j:plain

日本の夕焼け空を見ながら帰宅。

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「ガチャ、ただいまー」

f:id:ikopu:20160618184224j:plain「おかえりー、ただいまー」

久しぶりの我が家の、少しこもった空気を入れ替えながら、疲れた体で荷物を取りだします。

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「おみやげとか、片付けはとりあえず明日にして、こいつだけは出しておかないとね」




f:id:ikopu:20160727121333j:plain

f:id:ikopu:20160618184233j:plain「はいおかえり!ということで、ハワイ良好、無事終了です!」

f:id:ikopu:20160618184224j:plain「楽しかった!お疲れ様ー!!」

ということで、全10回にもなったハワイ旅行記もこれで終了です。こう改めて記事にして書いてみると、「あのときこんな感じだったなー」とか思い出しながら書くことで、旅を追体験してるようなお得な気分になれて、楽しかったです。

またどこか旅行に行ったらこういうの書きたいです! 以上!イコプの「よっしゃーそれいけハワイ旅行」でした!読んでくださった皆様ありがとうございました!次回からはまた通常のどうでもいい話とかになります!