イコプさんの日常

日々これ平和主義。

3囚人問題をドラマティックに考える

最近趣味で統計の勉強をしたりしているのですが、その練習問題の中に、「3囚人問題」が出てきて悩みましたので紹介します。

3囚人問題とは、こういう問題です。

ある監獄にA、B、Cという3人の囚人がいて、それぞれ独房に入れられている。罪状はいずれも似たりよったりで、近々3人まとめて処刑される予定になっている。ところが恩赦が出て3人のうち1人だけ助かることになったという。誰が恩赦になるかは明かされておらず、それぞれの囚人が「私は助かるのか?」と聞いても看守は答えない。 囚人Aは一計を案じ、看守に向かってこう頼んだ。「私以外の2人のうち少なくとも1人は死刑になるはずだ。その者の名前が知りたい。私のことじゃないんだから教えてくれてもよいだろう?」すると看守は「Bは死刑になる」と教えてくれた。それを聞いた囚人Aは「これで助かる確率が1/3から1/2に上がった」とひそかに喜んだ。果たして囚人Aが喜んだのは正しいか?

どうでしょうか。

なんとなく、感覚的には「たしかに1/2に上がった」と考えるような気もしますし、「看守に尋ねただけで助かる確率が上がるはずがない、1/3のままだ」という感覚もします。

実はこの答えは「助かる確率は1/3のまま」なのですが、「えーでもAとCのどっちかが助かるんだから1/2じゃないのー」という気持ちもなんとなく捨てきれない。そこでしっかり数学的に答えを計算するために、例えば下のベイズの定理などを使って1/3だと証明するわけです。

f:id:ikopu:20171010224137p:plain 【ベイズの定理】

そうこのベイズの定理を上手に使うことで・・・うん・・・そうか間違いなく1/3のままだと納得・・・できるかいぁい!

ということで、数学的な証明が仮にできたとしても、結局「なんとなく納得がいかない」のがこの問題。数学的なアプローチは完全に正しいとしても、凡人には納得できないことが多いのです。そこで私はこの問題の解としてもっと別の方法をとってみます。

そもそもこの問題がわかりにくいのはなぜかと考えてみますに、AとかBとか、設定がなんだか無機質で、現場の雰囲気が伝わってこないからではないでしょうか。もっとより現実に即した感じの状況を想定して、より感情的に、よりドラマティックにこの状態を再現すれば、わかりやすく答えが導けるのでは・・・。

ということで、この問題をよりドラマティックな問題に修正してみたので、これで考えてみましょう。

たけしは瞼に眩しい光を感じて、目を覚ました。 牢獄の布団の上に、小さな窓を通して、まっすぐに月の光が差し込んでいた。四角い窓格子の形をした光の影が、たけしの顔を照らしている。そうか、今夜は満月だったのか。見ることができるのは最後になるかもしれない月。それが満月だなんて、運が良いような気もする。 でも、本当の運の良さが試されるのは、明日の朝だ。 明日、たけし、キャサリン、ボブ蔵の3人のうち、2人は死ぬ。助かるのは1人だけ。何があったのかはよく分からないが、俺たち3人のうち、1人は死刑を免れることになったと聞いた。

「でも、きっと助かるのは俺じゃない」

たけしは満月に手を伸ばしながら、そうひとりごちた。

悪辣な職員たちの虐待に耐えかねて、3人で孤児院を脱走してから、たけしはキャサリンとボブ蔵と一緒に生きてきた。血は繋がっていなかったけれど、少しだけ年が上だったから、彼らの兄のようなつもりだった。2人を守る為に、大抵の悪事は経験してきたし、取り返しのつかない罪も背負った。その為に、今3人はこうして牢獄に入れられている。しかし、その手が汚れているのは、俺だけだ。ボブ蔵もキャサリンも、神様の前では悪いことをしていない。

「神様、俺が死ぬのはかまいません。でも1人だけ助かるというのなら、ボブ蔵を助けてやってください」

ボブ蔵もキャサリンも、たけしにとっては同じく大事な兄弟だ。でも、仮に俺とボブ蔵が死刑になって、この寒空の街の下に1人放り出されたキャサリンを想像すると、それはあまりにも胸が苦しているくなる光景だった。ボブ蔵は1人でもなんとか生きていけるかもしれない。でも、キャサリンは無理だ。きっと、死ぬよりも辛い運命が彼女を待ちかまえている。

たけしは無意識に膝をつき、小さな窓いっぱいに大きく広がった満月に両手を合わせた。神様の存在なんて、この10数年間、一度も信じたことはなかったけれど。今はそこに神様がいると素直に思えた。

「ボブ蔵を助けてやってください。ボブ蔵を助けてやってください」

その時、監獄のドアのそばで、かすかな物音が聞こえた。看守だ。どうやらたけしの声を聞きつけ、ドアのそばで様子を伺っていたらしい。

「どうした、寝られないのか」

「看守さん。明日の、死刑になるのが誰かって・・・教えてくれませんか」

「・・・言えない決まりだ。仮にお前が死ぬとわかったら、今夜のうちに、自殺してしまう恐れもあるからな」

「わかってます。でも、俺が助かるかなんてどうでもいいんです。そうだ、残りの2人のうちどちらか・・・どちらかは死刑になるはずです。1人だけでもいい、その名前が知りたい。確実に2人のうちどちらかは死刑なのだから、教えてくれてもいいでしょう」

「・・・」

「看守さん、お願いします」

「わかった。・・・キャサリンは死刑になる」

「・・・!そうですか」

心臓が締め付けられるな痛みが訪れ、そして、少し和らいだ気がした。頭の中に浮かんでいた、ゴミ捨て場のような街中でボロボロになって佇むキャサリンの姿。それはもう、今後この世に存在することはない。

ボブ蔵か、俺のどちらかが助かることになるけれど。それはきっとボブ蔵だろう。あいつももう立派な男になった。1人でも上手に生きていける。そうして俺は天国で、キャサリンと一緒に、あいつの人生を見守っていればいい・・・。そうしていつかあいつが人生を全うした時に、また3人で暮らせばいいんだ。

「看守さん」

「・・・なんだ」

「ありがとう、ございました」

「・・・」

たけしは静かに布団に入った。寝よう。大変だったけれど、きっと天国でいい人生だったと思えるはずさ。

その晩、たけしは生まれてきて初めて、安堵とともに熟睡することができたのだった。このときたけしの助かる確率は看守と話す前と後で増えただろうか。

さあこういう問題だったとして。考えてみましょう。 たけしが助かる確率は看守に尋ねたあとで上がったかどうか! んー上がってない気がします?ね? なんかむしろボブ蔵が助かる気がしてきましたね?

ということで答えは「1/3のまま」

感情的にも納得ができたということで、安堵とともに熟睡します。

【牛】牧場に行ってきた。

私、キューライスさんという方のネコノヒーというキャラクターが出てくる四コマ漫画が大好きなのですが。

この四コマ漫画をみて、思いました。

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「牧場のアイス食べたい」

愛知牧場に行こう

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「牧場のアイス食べに行こう」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「やぶからぼうだね。でもわかるよ、ネコノヒーの漫画読んだんでしょ?」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「そうなのよあれを読んでしまったからにはもう普通のソフトクリームでは満足できない自分に気づいてしまったんだよ」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「普段からソフトクリームとか滅多に食べないのにね。行こう」

www.aiboku.com

さて、牧場なんてそう簡単に行けるものなの?と思うかもしれませんが。

私は愛知県在住でして、そして愛知県には愛知県が誇る生粋の牧場、愛知牧場があるんですね。よくテレビとかにも出てくるレジャーランドみたいなところでして、ここに行けば牛もいるし、その牛から全力で絞られた牛乳で作られたソフトクリームもあるに違いないのです。

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「車で40分くらいみたい。行こう」

愛知牧場についた

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「おっここが駐車場ね」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「結構賑わってるねえ休日だからねえ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「おっ看板が」

f:id:ikopu:20171009121403j:plain

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「さすが牧場!!駐車場のレベルで唐突に馬が出てくることもあるみたいだよ!」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「ヒヒーンってことね!こいつあ油断は禁物だよ」

中を歩く

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「一切馬歩いてなかったね」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「ちょっとだけ期待したのにね。あっなんだろうあれ!でっかい牛みたいなのがいるよ!」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「おおーヌイグルミかな?あれじゃない、テーマパークとかのメインキャラクターがとかがさ、飾ってあるかんじのさ」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「わあーカワイイー・・・」

f:id:ikopu:20171009121722j:plain

f:id:ikopu:20171008003609j:plainf:id:ikopu:20171008003605j:plain「・・・・」

f:id:ikopu:20171009122036j:plain ゴゴゴゴゴゴゴ

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「コワイ」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「コワイよ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「えもいわれぬ謎のオーラが出ているね・・・そして見てミイホンさん右足は途中で切れているよ」

f:id:ikopu:20171009122206j:plain

f:id:ikopu:20171009105128j:plainヴンッ

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「恐怖のあまり残像を残し消えてしまったか」

牧場のソフトクリームを食べる

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「気を取り直して目的のソフトクリームを食べましょう」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「すごい行列ができてる!これは期待ができるね」

f:id:ikopu:20171009122600j:plain

このように食券で買うシステムのよう。 私はソフトクリーム、ミイホンさんはジェラートを頼みました。

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「激ウマ・・・!!濃厚なのにすごい甘みが強い」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「ジェラートも美味しいよ!さすが牧場だね」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「雰囲気に飲まれている感じもするけど、牧場ってだけでうまさが5倍くらいになってるきがする」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「せっかくだからもう少し見学していこうか」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「そうだね、あ、あそこで乳搾りの見学ができるみたい!」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「へー乳搾りみたい!!!私やりかた知ってるんだよ!指でこうやってギュッギュッてね!」

乳搾り

f:id:ikopu:20171009122916j:plain

のどかな牧草の中、スタッフが大きなバケツを手に、ぎゅっぎゅっと父を絞る。採れたて新鮮な牛乳の甘いかおりがこちらまで漂ってくるような・・・。そんなのどかな乳搾りの光景。

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「を想像していたのですが」

ガシャコン・・・・ガシャコン・・・・

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「・・・」

ガシャコン・・・・ガシャコン・・・・

f:id:ikopu:20171009123112j:plain 謎の機械によってオートマティックに牛乳が得られていく様子

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「ぎゅっぎゅっってこう・・・手でやるかと思ってたけど・・・」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「・・・・」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「大量生産の時代だからね・・うん・・・そうだよね・・・」

f:id:ikopu:20171009105128j:plain ヴンッ

オススメです

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「まあそんなイメージと違うところもあったけれど、のどかでいいところだったね。愛知牧場」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「アイスも美味だったよ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「コスモス畑の迷路とか、乗馬体験もできるようなので!愛知県の人は一度行ってみてはいかがでしょうかー!」

f:id:ikopu:20171009123622j:plain (コスモス畑のコスモス)

はじめての日本旅行 その3

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「ドスコーイ!ドスコーイ!」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「おっミイホンヌさん乗ってきたねえ!」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「今日は日本旅行した外人さんのブログを紹介だったよね」

(過去記事はこちらから) ikopu.hatenablog.com

ikopu.hatenablog.com

TRAVEL?Yes Please!

紹介するのはこちらのブログ。

www.travelyesplease.com

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「といっても、そんな個人個人したブログじゃなくて、世界の旅行の仕方、みたいなブログなんだけど。旅行した体験をまとめて、同じところに行く人の参考になるように書いているブログのようだよ。

f:id:ikopu:20171009100229j:plain「ご紹介シマース」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「あっあなたは著者の方!よろしくお願いします」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「私と同じガイコクジンの方ですねー!」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「絵柄の違いはスゴイけどね!」

f:id:ikopu:20171009100229j:plain「ヨロシクネ。じゃあ早速、私が日本にイッタトキの経験から、日本の注意事項、説明していくよ」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「ガッテンショウチノスケ!」

LANGUAGE

It goes without saying that Japanese is the predominate language in Japan. English is taught in schools, so some people we met were interested in conversing with us to practice their skills. Still, many Japanese people are not comfortable with everyday, spoken English.

f:id:ikopu:20171009100229j:plain「日本ではもちろん、一番使われるのは日本語よ。でも日本人は学校で英語勉強してるから、英語のスキルを練習するために私たちと話すことにも興味を持ってくれる人もいるわ!でも、やっぱり多くの日本人は英語は苦手みたいね」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「俺としては可能な限り英語で話したくないタイプの日本人だな・・・」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「私は結構外国人と話すの好きだよ」

Even with the language barrier, the Japanese people were always very polite and willing to try and help us out when needed.

f:id:ikopu:20171009100229j:plain「でも、言葉の壁はあっても、多くの日本人はとても親切で、私たちを喜んで助けようとしてくれたわ!」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「ヒュー!聞いた?!ミイホンヌさん聞いた?」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「ニッポンジン優しいですねー!」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「言葉は通じなくてもなんとかしてあげようとする日本人。ハワイでオーラを撮影してあげようと頑張った時の自分を思い出すよ」

Restaurants and Food

I’m a picky eater and don’t like seafood or anything that’s remotely “exotic”, so I was worried I was going to starve in Japan. Lucky for me, there were enough western food options available to keep me alive (I ate a lot of Italian food!)

f:id:ikopu:20171009100229j:plain「私は偏食だから、いわゆるエキゾチックな感じの魚介類とか食べられないの。だから、日本で餓死しちゃうんじゃないかって心配してたんだけど・・・日本では西洋料理もたくさん食べられるの!私はめっちゃイタリア料理食べたわ!」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「寿司とか刺身しかない、というイメージがあるのかもね」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「毎日生のタコを踊り食いするのかとオモッテマシタ」

The soft ice cream in Japan was some of the best I’ve ever had. It’s so creamy and delicious! It’s readily available and even comes in local flavours like green tea and sakura (cherry blossom).

f:id:ikopu:20171009100229j:plain「日本のソフトクリームは今まで食べたことないくらい激ウマだったわ!!それはとってもクリーミーでおいしいの!どこにでも売ってるし、時々マッチャ味だったりサクラ味だったりするのよ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「きっとこういうの食べたんだろうね」

f:id:ikopu:20171009102429j:plain

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「日本のアイス世界一ウマイですかー!たべてみたいでーす!」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「昨日牧場でアイスクリーム食べたよ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「牧場のアイスクリームは特に最強」

Safety

Our impression was that Japanese society is very honorable and the people are very trustworthy. We never worried about walking around with a lot of cash and camera gear, even at night.

f:id:ikopu:20171009100229j:plain「日本の社会はとても立派で、日本人はとっても信頼できる人たちよ。私たちは、夜でもたくさんの現金とカメラをもって歩いてても、なんの心配もなかったの」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「それは場所による気もするけど、カメラを奪おうとする人はあんまりいないかもね」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「でも夜道は最近の日本でも危険だから、注意しないといけないよ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「でも安全だと思ってくれるのはいいことでもあるよね。平和な国ニッポン」

Other TIPS

When paying for items at a shop, put your money onto the little tray on the counter. Cashiers would not take money from our hands.

f:id:ikopu:20171009100229j:plain「お店で会計する時は、カウンターのトレイの上にお金を置くのよ。店員さんは、手渡しでは受け取ってくれないかもしれないわ」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「手渡しダメですかー!」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「えええそんなことあるかなあ?」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「手渡しのほうが普通なようなきがする」

When in public, a lot of Japanese wear surgical masks covering their nose and mouth. This is very common during hay fever season. People will also wear them if they are sick to prevent the spread of illness.

f:id:ikopu:20171009100229j:plain「みんながいるところでは、日本人は手術用みたいなマスクで鼻と口を覆っているわ。これは風邪が流行る時期にはとっても普通のことみたいで、彼らは自分が病気にならないためだけじゃなくて、病気を広めないためにもつけているの」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「手術用のマスクに見えてるのが面白い」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「海外ではマスクをしてる人は入院中の重病人だけ、みたいなイメージがあるみたいだね」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「そもそも病気の人は外をアルカナイでーす。家デヤスンデマース」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「日本人は病気くらいでは休むとめっちゃ怒られるんだよ」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「えええクレイジー!ブッソウ!」

Japanese people never stepped in front of me when I was taking a picture. In fact, they would even stop other people from walking in front of me and ruining my photo.

f:id:ikopu:20171009100229j:plain「日本人は私が写真を撮ってるときは、絶対前を通らないのよ。それどころか、写真を邪魔しないように他の歩いている人まで止めてくれるの」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「これは外国人からしたら珍しく見えるの?」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「えーそれはーえー」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「ミイホンヌさん外国の人だよね?」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「えーっとえーっと・・・」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「・・・」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「ここまで・・・か・・・」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「何っ!まさかオヌシ・・」

ファサッ・・・・

f:id:ikopu:20171009104842j:plain

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「はっカツラ・・・!じゃあお前は!」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「こんばんワイン!ミイホンです!」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「やっぱりかー!じゃあこちらのミイホンさんは?」

f:id:ikopu:20171009105128j:plain ヴンッ

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「消えた」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「それは残像だよ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「残像だったかー」

日本はいいところ

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「ということで海外の人から見た日本旅行をちょっとずつ紹介しました。なんかこう、基本的にはすごく好意的に見てくれてて、嬉しくなったよね」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「うんうん」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「欧米化が進む日本でも、日本らしさは変わらず残していきたいなと思いました!では今日はここまで!また会いましょう!」

f:id:ikopu:20171009105128j:plain「また会いまヴンッ!

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「・・・こちらも残像だったか・・・」

はじめての日本旅行 その2

f:id:ikopu:20171008003428p:plain

前回の続きです。

ikopu.hatenablog.com

立ちはだかる言語の壁

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「ということで続きお願いします」

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「がってんだ。今日はその素晴らしい日本の注意事項も説明していくぞ」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「よろしくお願いシマース!」

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「まず、日本を訪れる上で一番心配になるのが、そう、英語が通じるかってことだな」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「日本人賢そうデース!当然使えマスカー?」

Language / The level of English ability in Japan is generally low – or random at best (fluent English speakers can appear in the most unlikely situations); it's easier to get around the bigger cities, which are well signposted in English.

f:id:ikopu:20171008005723j:plain日本人の英語能力は一般的に低い。英語が話せる人に会えるかどうかは良く言って運次第だ。むしろ流暢な英語を話せる人には基本的に会えないと思ったほうがいい。道を聞くなら、日本人に聞くより、英語で書かれた看板を見たほうが簡単だ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「耳が痛いデース」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「日本人英語話せないでーすか・・・アニメとロックバンドについて語りあいたかったデース。ラルクアンシェール*1

English is studied inschool, so slow, simple queries can usually be addressed, and with the recent uptick of tourism, more establishments are specifically hiring clerks and servers with English ability. Most Japanese are more comfortable with written than spoken English, so whenever possible, email is often the best means of communicating.

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「日本人も学校で英語の教育は受けている。だから、ゆーっくり話して、単純な内容な質問なら通じることもあるぞ。そして最近の観光業界の盛り上がりで、英語が話せるスタッフは増えているようだ。ただ、大部分の日本人は英語は話すよりも書くほうが得意だから、できれば日本人とのコミュニケーションはEメールがベストだな

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「話せないのに書けるんですかー!不思議な国でーす!!」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「確かにほぼ話せない俺も読んだりはある程度できるからな・・・」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「じゃあ仲良くなりたい日本人がいたらまずEメール交換しまーす。テルミーユアアドレース」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「謎の外人が突然そんなこと言ってきたら恐怖しかない」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「でも日本人は英語ができないってのはバレてるにしても、思ったより書けるってのも知られてるんだな・・・本当不思議な国だと思われてるだろうな」

日本人のエチケット

Etiquette / Japan is famous for its etiquette, though it's not as strict as you might think (and foreign visitors are usually given a pass).

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「日本はエチケットで有名だろう。でも、それほど思うよりそれほど厳しく考えなくていいぞ。(それに外人ってことで大抵許してくれる)」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「へー日本はエチケットに厳しいと思われてるんだね?」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「ゴミを外に捨てたら武士に切られると思ってまーした」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「ミイホンヌさん、現代日本で武士は歩いていないよ」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「エエエエエエ!!!カルチャーショックデース!!」

挨拶

Japanese typically greet each other with a slight bow, but may greet foreigners with a handshake; hugging and cheek kissing is considered alarming.

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「日本人は典型的には、小さくお辞儀して挨拶するぞ。でも外人相手には握手もするかもしれないが、ハグしたり、頬にキスしたりしたら驚かせるだろうな

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「えー!ブッチューだめですか!?」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「初対面の外人がブッチューしてきたら反射的に肘うちを放つかもしれない」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「おージャパニーズ、オクユカシーというヤツデースネー」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「ただそんなすっとお辞儀してみんな挨拶するかなー今の日本人。まあ、そういう人もいるだろうけどね」

並ぶ

The Japanese are famous queuers, forming neat lines in front of subway doors, ramen shops etc.

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「日本人は並ぶのが大好きで有名だ。地下鉄のドアの前とか、ラーメンショップとかで綺麗に列を作るぞ」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「おお!テレビで見たことありまーす!是非生でみてみたいでーす!

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「これは日本人の特徴だよね。オンラインゲームですら列を為すとか言ってニュースになってたもんね」

(参考:オンラインRPGゲーム ドラゴンクエスト10できちんと列を成して並ぶプレイヤーたち) f:id:ikopu:20171008111642j:plain

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「最近は横入りする人とかも増えてきたような感じで、日本人のエチケットが崩壊してきてるのかなあ。せっかく外人さんからもきっといい意味で驚かれてる文化なんだから、残していきたいよね」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「平和な感じがして、いいとオモイマース」

屋外での食事のマナー

Eating and drinking on streets and subway cars is generally frowned upon; beverages in resealable containers are an exception.

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「ストリートとか、電車の中でご飯を食べたり水分をとったりすると、これは普通嫌な顔をされる。ただ、蓋ができるような飲み物はOKだ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「最近はそれも乱れているような気もするけどね」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「街を綺麗にする気持ちがツヨインデスネーキットー」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「蓋ができる飲み物なら飲んでもいいっていうのは初めて知ったな・・・」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「ペットボトルなら飲んでもいいですねー!コーラ飲みまーす!」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「でも零さないようにね」

そこで靴を脱ぐべきか

Shoes Off Many lodgings and restaurants (and even some museums!) request you leave your shoes at the door. Just take a quick look around – for a sign or slippers in the foyer – to see if this rule applies. Never wear shoes on tatami mats.

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「靴は多くの宿やレストランで脱がされる。時にはミュージアムでも脱がされるぞ!これが適応される場所かどうかを調べるためには、まず玄関でそのあたりをジロジロ見て、靴を脱ぐサインやスリッパがないかチェックするんだ。そしてタタミの上では絶対に靴を脱がないといけないぞ」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「多くの宿やレストラン・・・全部の場所じゃないんですかー!脱いだり脱がなかったり、なんて難しいでーす!」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「外人からしたらそのあたりは確かに難しいところなのかな。玄関で脱ぐべきか一生懸命キョロキョロしてる姿を見るのはなんだか微笑ましく思ってしまうな」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「タタミの上で靴を履いてたらどうなっちゃうですかー?」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「屋根裏から忍者が降ってきて刺される」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「オオオオジャパニーズ、ブッソウデース!!!!」

続く

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「オーケイとりあえず日本の概要はこんな感じだ。細かい名所とか、食べ物とかは俺が数百ページにわたって解説してるから、興味があれば読んでくれ」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「ありがとうございまーす。大分日本のこと、ワカッタキガシマース」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「面白かった。褒められてるところもあり、不思議がられているところもあり」

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「そして次回は俺とバトンタッチして、とある旅行者が初めて日本に行くときの感想ブログみたいのを紹介していこう」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「生の旅行者の体験記、これも面白そうですね」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「よりリアルな声がきけて参考になりそうデース!ミイホンヌ楽しみデース!」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「・・・」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「あっ・・・」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「・・・次回はなんだか寂しそうなミイホンさんにも出てもらおうね」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「こんばんワイン!」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「ワイーンっヌッ!」

第3回へ続きます!

ikopu.hatenablog.com

*1:昔、ネットゲームで同じチームだったフランス人がアニメとラルクアンシェルが大好きだったのでイコプさんの中で外人はみんな好きというイメージです

はじめての日本旅行 その1

f:id:ikopu:20171008003428p:plain

さて最近突然AmazonがAmazon Prime会員に一部書籍を無料読み放題みたいなサービスを始めましたので、ここぞとばかりに普段読まないような本をダウンロードしまくりました。

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「色々高い本とかも唐突に無料になっているな・・・。人気ランキングでは旅行本とかが人気みたいだな」

f:id:ikopu:20171008004454p:plain

たとえばこの「lonely planet」シリーズ。 英語ですが、各国の文化、名所、交通などが幅広くまとめられていて、旅行者には非常に有用そうな本です。

Lonely Planet India (Travel Guide)

Lonely Planet India (Travel Guide)

  • 作者: Lonely Planet,Sarina Singh,Michael Benanav,Abigail Blasi,Paul Clammer,Mark Elliott,Paul Harding,Anirban Mahapatra,John Noble,Kevin Raub
  • 出版社/メーカー: Lonely Planet
  • 発売日: 2015/09/01
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「今度行く旅行この本のシリーズで場所考えてもいいかもね」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「いいねえ!私ネパールとか行ってみたい」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「ネパールって何があるのか1ミリも知らないから、確かにこういう本で事前準備するといいよねー」

と、ちょこちょこ本を見ていると。

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「あっ日本版もある」

f:id:ikopu:20171008005137p:plain

Japan 15 (Lonely Planet Japan)

Japan 15 (Lonely Planet Japan)

  • 作者: Rebecca Milner,Ray Bartlett,Andrew Bender,Craig McLachlan,Kate Morgan
  • 出版社/メーカー: Lonely Planet
  • 発売日: 2017/08/15
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る

海外の本なので、日本向けの旅行本も当然あるわけです。

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「外国の観光の方はこういうの読んで来てるんだよねきっと」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「へー!逆になんか気になるね!?日本はどういうことがオススメされてるんだろ?やっぱ寺とか?」

外国の方から見た日本旅行の注意点

ということで、外国の方は日本旅行に来る時にどんなことを注意してくるのか。どんなことをお勧めされてきてるのか。そういうことを知るのは意外に面白そうなので、この本を読んでみることにしました。

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「ということでよろしくお願いします、ロンリープラネットジャパンさん」

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「やあヨロシク。ロンジャパと気軽に呼んでくれたまえ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「あとさらに初めて日本に旅行に行こうとしている外人さんを用意しました」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「コンバンワーイン!ジャド・ブッファンファン・ミイホンヌでーす!」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「ミイホンヌさんはフランスの方ですか」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「オー、スペインとかフランスとかアメリカとか大体その辺だとオモイマース」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「その辺が大分広い。では今日はよろしくお願いします」

日本へようこそ!

f:id:ikopu:20171008010407j:plain

ということで実際はこういう感じの書籍なんですが、イコプさんが高校卒業レベルの英語力を駆使して読んだ感じですので間違ってたらごめんなさい。

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「ウェルカムトゥジャパーン!」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「タノシミデース!」

Welcome to Japan 日本へようこそ!

Japan is truly timeless, a place where ancient traditions are fused with modern life as if it were the most natural thing in the world. 日本は超いい感じで伝統とモダンが融合してて、マジでかけがえのない時間を過ごせる場所だぜ。

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「だぜ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「ちょっと訳がヒドイ気もするけど、まあそういうことですかな」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「かけがえのない時間過ごしたいデース!」

Traditional Culture / On the surface, Japan appears exceedingly modern, but travelling around it offers numerous opportunities to connect with the country's traditional culture. Spend the night in a ryokan (traditional Japanese inn), sleeping on futons and tatami mats, and padding through well-worn wooden halls to the bathhouse (or go one step further and sleep in an old farmhouse). Chant with monks or learn how to whisk bitter matcha (powdered green tea) into a froth. From the splendour of a Kyoto geisha dance to the spare beauty of a Zen rock garden, Japan has the power to enthral even the most jaded traveller.

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「日本は一見、先進国っぽい感じするだろ?でも、ちょっと日本を歩いてみれば、すぐにわかるんだ。そこには伝統が息づいてるってことにな」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「おー忍者いっぱいですかー?」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「そうな東京とかでうっかり肩をぶつけると武士に斬り殺されるから気をつけてな」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「ジャパニーズ・ブッソウでーす!」

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「日本の伝統的なホテル、リョカン(Ryokan)で夜を過ごしたり、フトン(futons)やタタミ(tatami mats)で寝るのもいい。モンクと詠唱するものオツだぜ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「モンクと詠唱・・・念仏的なことかな・・・」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「ブッダの仏様にお会いデキマースかー!?フトンで寝てみたいデース。ベッドでしか寝たことナーイ」

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「マッチャ(matcha)と呼ばれる苦いグリーンティーの飲み方を習うこともできる。あとはゲイシャ(geisha)とかゼンの岩庭(Zen rock garden)を見たりな。とにかく、日本はベテランのトラベラーをも満足させる、マジでいい旅行地だ」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「イッテミタイでーす!!イクシカナイデース!!!自然的なことはどうなのですかー?」

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「日本は国土の2/3を山に囲まれてる。春はハイキングが出来るし、冬のスキーは世界的にも有名だ。

In the winter, all this is covered with snow and the skiing is world class. (And if you've never paired hiking or skiing with soaking in onsen, you don't know what you've been missing.)

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「それに山に登れば温泉がある。これを逃す手はないぜ!!!

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「おージャパニーズオンセーン!!入ってみたいデース!スキーもしたいでーす!K点超えたいデース」

f:id:ikopu:20171003232234p:plain「へーよく知らなかったけど日本のハイキングとかスキーってそんな有名だったのか。温泉はわかるけど。もっと寒い国の方がスキーとか有名かと思ってたなあ」

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「さらに、自然だけじゃない。都会もいいぜ」

The neon-lit streetscapes of Japan's cities look like sci-fi film sets, even though many of them are decades old.

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「ネオンの街並みはまるでSF映画のセットみたいだ」

There's an indelible buzz to these urban centres, with their vibrant street life, 24-hour drinking and dining scenes, and creative hubs that turn out fashion and pop culture trends consumed the world over. Travel is always smooth and efficient, whether you're using the subway to get around or the shinkansen (bullet trains) to go from one city to the next.」

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「街では24時間喧騒が鳴りやまない。24時間営業の飲食店、おしゃれなハブ、ファッションやポップカルチャーが渦巻いてる。そして街と街の間の移動は弾丸列車のシンカンセン(Shinkansen)を使えばマジスムーズだ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「新幹線も観光の一つの目玉なのかな」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「乗ってみたいデース!目的地に着く前のウィーアンビシャース♪って音楽に合わせて歌いたいでーす!」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「君本当は乗ったことあるでしょ?」

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「そしてジャパンのいいところに、ご飯がある」

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「Exquisite food!!!」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「なんか難しい単語だけど、この上なく美しい、とか、絶妙な、という意味らしいですね。この上なく美しい飯だなんて・・・なんか照れますね」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「オスーシ!!!テンプーラ!ネギトーロドーン!!」

Wherever you are in Japan, it seems, you're never more than 500m from a great meal.

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「日本のどこにいても、500mも歩けば最高の飯に出会える。

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「500mで!徒歩でも7分に1回最高のご飯が食べられまーす!これは太っちゃいまーす!デブー!」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「まあ、どの店も大抵それなりに美味いかもしれないね日本の店は」

Moreover, you don't have to travel far to discover that Japanese cuisine is deeply varied. The hearty hotpots of the mountains are, for example, dramatically different from the delicate sushi for which the coast is famous.It's also intensely seasonal, meaning you can visit again at a different time of year and experience totally new tastes.

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「さらに、ちょっと旅行すればすぐ気付くと思うが、マジで色んな種類の料理があるんだ。山では心のこもったじゃがいもの煮込み料理が食えるし、海に行けば繊細な寿司が出てくる。しかもそれが季節ごとに変わってくるんだからもうマジ日本何回いっても違うもん食える」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「心のこもったじゃがいもの煮込み料理・・・肉じゃがのことかな・・・」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「季節ごとに違うなんて・・・最低4回行かなきゃデース・・・春夏秋冬デース」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「確かに季節折々の旬とかあるよね日本は。他の国より季節ごとの変化が強いのも日本の特徴なのかもしれない」

チップの文化と次回に続く

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「さあどうだそんな感じですごいいいところだってわかってくれたかい」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「今すぐにでもイキタイデースジャパーン」

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「おおっと待てよ、しかし日本は言っても東洋の辺境の地。俺たち英語圏の人間とは違う文化が生きてることも確かだ」

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「俺たちの常識が通じないところもいっぱいある。例えば・・・レストランでお前がチップを置いて店をでたらどうなると思う?」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「えっどうなる?どうなるって、当たり前のことじゃないんでーすか?」

Tipping /Tipping is not customary in Japan (leaving money on the table in a restaurant will usually result in the waiter chasing you down the street to give it back).

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「そんなことをすれば、店の店員がすげー勢いで外まで追いかけてくる」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「えええコワイ!」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「まあ・・・そうなるかな」

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「そしてチップを返してくる。チップは日本では習慣にないんだ」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「おーそうなのですねー・・・」

f:id:ikopu:20171008005723j:plain「ただ、そういうことも含めて、日本の常識が俺たちと違うってのはいいところもいっぱいある。そこを次回は詳しく紹介してくぜ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「どんなとこが違うんだろう。俺らが当たり前と思ってることも、外人からしたら違うってのはいっぱいあるんだろうなあ!これは以外と面白い!」

f:id:ikopu:20171008004024j:plain「次回が楽しみでーす!」

ということで、次回は列をなす日本人の話だったり、街中であなたがカメラを持っているときの日本人の様子だったりを紹介!さらに日本旅行体験記みたいな外人さんのブログも読んでいこうと思います!海外の人からみた日本面白いです!!

お楽しみに!

続きはこちら

ikopu.hatenablog.com