イコプさんの日常

日々これ平和主義。

ドラゴンクエストライブスペクタクルツアーに行ってきた

f:id:ikopu:20160814223618j:plain

(注意)ショー中身のネタバレは無し!ですが、グッズのこととか内容に触れない程度の感想があります!




みなさん、「ドラクエ」は好きですか?

よもや「えっドラクエってなに?」という方は昨今めずらしいかと思いますが、そうです、あの国民的ゲームの一つ、ドラゴンクエストですね。

私たち夫婦は二人とも、子供の頃からゲーム好きで、もちろんドラクエもガンガン遊んできました。むしろドラクエとともに成長してきたといっても過言ではありません。最新作のドラゴンクエスト10は何と3000時間というプレイ時間であり、将来自伝を書くことになったらドラクエに2、3章は割かないと成り立たない、そのくらいどっぷりしたドラクエプレイヤーなのです。

そんな我々に、半年くらい前にとあるニュースが舞い込んできました。

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「なんかドラクエのショーをやるらしいよ」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「行く」

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「返事が早い」

ライブスペクタクルツアーとは?

〈公式サイト〉ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー

公式サイトによると、ドラゴンクエスト生誕30周年を記念した、大型ライブスペクタクルショーとのことでした。

f:id:ikopu:20160814230204j:plain

ショーと言われるものをほとんど見に行ったことがない私としては、「ライブスペクタクルショー」と言われても「らいぶすぺくたくるしょー?」と白目で繰り返すしかないくらい想像がつかない世界だったのですが、ドラクエ30周年を記念したイベントともなればとにかくすごいことは間違いありません。即S席を買いました。

8月13日 名古屋公演

さて、そしていよいよ当日。 f:id:ikopu:20160814230144j:plain

ツアーは全国5カ所で予定されていました。私たちは、地元名古屋公演に向かいます。 ドラクエファンである母親も誘っていたので、3人名古屋に集合しました。

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「はるばるやってきましたね」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「まあ家から歩いて10分だけどね」

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「こういうとき都会在住でよかったと思うよね。早く行ってグッズとか見たいから急ぎましょう」

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「楽しみだね」

会場に着きました。

会場はガイシホールという場所です。

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「うおーすごい混んでる!まだ開場1時間前なのに!」

f:id:ikopu:20160814230918j:plain

f:id:ikopu:20160814231107j:plain

大分余裕もって、早く着いたつもりでしたが、しかしすごい人がすでにいろいろなところで行列を作っていました。

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「あれ、買えるかな・・・」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「これは並ばないといけなそうだね」

実は我々はこの物販にあたり、すでに手にいれるべきアイテムを定めていました。

このグッズは、通販でも入手可能なものが多いようなのですが、ここでしか買えないレアアイテムがある、との情報を入手していたのです。

それがこちら!

f:id:ikopu:20160814232718p:plain

スライムタワーかき氷カップ。

かき氷は確かに通販には不向きというアレですので、会場でしか手に入らないのは納得でして、つまりツアー現地に赴いた者のみが手にいれることができるという生粋のレアアイテム!

かき氷が2000円、という普通で考えれば信じられない値段でして、祭りとかで走ってきた少女が「おっちゃん!おっちゃん!かき氷ちょうだい!」「あいよ!2000円」「えっ」「2000円」と言われたら、少女は右手の500円玉をきつく握りしめてうつむき、ポツリ、ポツリと涙が地面に落ちる、そして後ろからきたブルジョワな感じのお姉さんとかに「何この子、買わないなら早くどきなさいよ」とか言われて・・そ、そんな悲劇が許されるのか!!と憤慨せざるをえない、そんな値段設定なわけですが、スライムタワーの入れ物がすごく可愛いので2000円でも素直に「欲しい」とそんな魅惑のアイテムです

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「この絶望的な暑さのなか食べるスライムのかき氷は筆舌に尽くしがたい美味さだと思います」

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「楽しみだね。あっ!あったよ、スライムのかき氷屋さん」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「わーい、あっ!

f:id:ikopu:20160814234029j:plain

f:id:ikopu:20160814234338j:plain

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「おわ・・・った・・・」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「(言葉にならない)」

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「残念だったねえ・・・あの入れ物、可愛かったのにね」

さすがの魅惑のレアアイテム、開演1時間前からの売れ切れでした。

力尽き倒れそうになる足を引きずりながら、開場までの時間を冷房の利いたところで休むことにしました。

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「ふう、ここなら涼しい。開場までここで待ちましょう」

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「お母さんちょっとグッズ見てくるよ」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「えっ暑いですよ大丈夫ですか?」

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「大丈夫大丈夫ー♩ここで待っててね」

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「母は強し」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「お母さん何を見てくるのかな」

(しばらくして)

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「ふうふう買ってきたよ」

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「おおーこ、これはー!」

f:id:ikopu:20160814235014j:plain

f:id:ikopu:20160814223938j:plainf:id:ikopu:20160814223945j:plain「ステテコパンツ型のハンドタオルやー!」

ということで、猛暑炎天下の中、家族3人ステテコパンツで汗をふきふき開場を待ちました。

ショーの始まり

さて、これ以降は中身になりますので、まだ見ていない方のためのネタバレ無しのアンニュイな感じになりますが。

開場の中は、開演の前からとにかくドラクエの世界でした。かかっている音楽とかドラクエファンならいきなりグっとくるような。

幸いにも席がすごい前のほうだったので、開演前からテンションマックスでした。

開演前から、少し前説?みたいな感じで一部のキャストの方が出てきて、いろいろ説明をしてくれました。これも面白かったので、行かれる予定の方は開演よりちょっと前に席にいた方が得だと思います!

そして。

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「いよいよ始まるよ」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「すごいワクワクするよ!!」

ショーが始まりました。

冒頭から、鳥肌。

正直、泣きそうになりました。

ドラクエを知らない人でも楽しめる、という感想をよく見ますが、知ってる人だったら10倍楽しめると思います!

ドラクエを好きな人が、ドラクエを好きな人のために作ったショー。

そんな感じでした。

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「うおおー!勇者だー!」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「アリーナだー!」

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「アリーナ再現度すごい!!もうなんかヤンガスもかっこいい!」

キャストの方の役に込めたアレもすごくて、本当ドラクエでプレイしていたキャラクターたちが実物として出てきてくれた感じの感動でした。ちょっとキャストの方を紹介すると、

勇者役の松浦司さん。

ドラクエの勇者はつまり自分自身なのであって、それを演じるということはとても難しいような気もするのですが、まさにこの松浦さん「ドラクエ3の勇者」にガチっとはまっていて、すごく勇者でした。

そしてアリーナ役の中川翔子さん。なんとなく、ゲーム好きのアイドルの方、というイメージで見てたのですが、ものすごかったです。このショー全てが本当すごい良かったんですけど、その中でこの方があってこのショーの良さが何倍にもなってるような、そんな存在感でした。この方がアリーナをやってくれてよかった・・・そんな謎の感動がありました。

フィナーレへ

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「楽しいねえすごいねえ」

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「おかんも満足そうだ!よかった」

f:id:ikopu:20160814231447j:plain「来てよかったねえ」

ショーというものを見ること自体ほとんどなかった私なので、他と比べることはできませんが、間違いなく「ドラクエ」を表現しているショーでした。

音楽とか、映像とか、パフォーマンス、どれもすごかったし、何よりどれもドラクエでした。

当日券も用意されているし、まだ大阪と横浜の公演が手に入るようです。

ドラクエを知らない人でも楽しめると思いますけど、私としてはドラクエを知っている人で迷っている方がいるなら

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「絶対行くべき」

です!

次の日

チュンチュン

f:id:ikopu:20160815001623j:plain「さて早起きしましたね」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「行きましょうか」

休みの日ながら、早朝6時半に目覚めし我々。

いそいそと準備をして、向かいます。

昨日ショーをみたばかりの、ガイシホールへと。

f:id:ikopu:20160815001731j:plain

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「・・・」

f:id:ikopu:20160814223938j:plain「・・・」




f:id:ikopu:20160815001842j:plain

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「イエス!」

f:id:ikopu:20160815001623j:plain「さあ実家に向かうぞ」

f:id:ikopu:20160814223945j:plain「行こう!」










f:id:ikopu:20160815001921j:plain

ドラクエ愛がなせる根性でした。